月別アーカイブ: 2021年6月

コロナワクチン接種―大和市の場合―

大和市のコロナ接種体制は集団、個別、移動体、3本の矢がウリだった。
実際にふたを開けてどうだったか。現時点では85歳以上に続いて75歳以上85歳未満の予約受付中で、接種は6/7からだ。ただこの予約5/24に始まったが、電話はまるでつながらず、インターネットも1時間そこそこで7/24までの予定枠満杯、といった有様だった。65歳から75歳未満については6/7から予約開始、6/21から接種で鋭意奮闘中のようだが、この世代の7月中決着、さてどうなることか。

大和市の人口は約24万、各世代ごと決して予測できない数字ではないはず。しかしこれまでの経過をみれば、確かに器は作ったが打ち手不在?で、誰かがいっていた「逐次投入、小出し」が的中しているようだ。
このあたりのハンドリングは、偏に長のリーダーシップにかかっているといわれるが、なんともリーダー不在の様相だ。折しも市長のパワハラ疑惑も報じられていたが、そんなことが災いしているとは思いたくない。
手際のよい他の自治体の話をみるにつけ聞くにつけ、わが町は・・だ。現在は、基礎疾患のある人の接種券申請が広報されている。

大和市南林間に住む―街なみ―

垣間見た南林間の街並み

引越しして3か月がたった。大和市南林間という町は、小田急南林間駅の西口一帯に広がる。1丁目から9丁目まであり、駅周辺こそマンションも多いが、概ね平静な戸建て住宅街である。街並みは文字通り碁盤の目模様の道路で仕切られ、4条通りなど古風な名前もついている。細かい話は次にしよう。

半夏生

横須賀市YRP 光が丘水辺公園の「半夏生」(6/26)

YRPテクノロジー・セッションの聴講ついでに、立ち寄った。沼地と思える
その場所には、10万本ともいわれる「半夏生(ハンゲショウ)が群生して
いた。
「半夏生」はまさにこの時期、葉を白く変えるようだ。近所に「ハンカチ
の木」というのがあるが、植物音痴には同じイメージだ。

ところで小生が子供の頃の田舎では、「半夏生」という行事を、毎年7月2日
に行っていた。春の農作業が一段落するこの頃、村人が小学校の体育館に
集まり、青年団の演芸や子供たちの学芸会を楽しむ1日だ。そんな準備が進め
られていた昭和23年6月28日の午後4時ごろ、あの福井地震が襲ってきた。
小生は学芸会の練習で学校に居残っていて、倒壊した自宅の下敷きにならず
に済んだ。ちなみに半夏生、福井では「はげっしょう」といったと思う。

住みよさとは

北陸の玄関口ともいえる金沢駅(鼓門・もてなしドーム )

メルマガ、東洋経済ONLINE(6/20号)に、”「住みよさランキング2019」
全国総合トップ50”という記事が掲載されていた。ランキング好きの
小生は、毎年興味深く見ている記事だ。

今年はこれまでと算出指標が異なり、従来との連続性はないというが、
それにしても顔ぶれはかなり違っていた。これまで首位の座を不動にして
きた印西市(千葉県)はなんと14位だった。また、ベストテンには、北陸
3県の中小市が7つもランクインしていた。ただ県庁所在地の福井市は4位
だが、金沢市は20位、富山市は鎌倉市の次48位だった。

一般に統計データというのは、算出指標や引用データに左右されると認
識している。それにしても、雪のない生活がいかに快適か、福井市出身の
小生は実感しているのだが・・・。

Lenovoタブレット7型

Lenovo tab7 最初の画面はこんな感じ(6/20)

名器といわれたASUS Nexus7(2013)を不覚にも紛失してしまい、色々
悩んだ結果、選んだのがこのLenovo tab7 だ。

小生の用途は限定的で、旅行先でのGメール利用とIP電話、長い待ち
時間でのカードゲーム、そして銀行の残高照会くらいだ。

機種選定でのこだわりは、メモリーとストレージの容量、マイク内蔵、
重量そして価格とブランドだった。
果たしてこの選択が正解だったか否かは、逐次報告するとして、とりあ
えず250gの重量はNexus7より大いに軽い印象だし、細見の形状も使い
勝手がいい気がする。