fujio のすべての投稿

晩秋の鎌倉

鎌倉・源氏山公園にて(11.29)

晩秋の鎌倉といえば、由緒ある寺院が絵になりそうだが、ここでは源氏山公園をご紹介しよう。
源氏山公園は、銭洗弁財天入り口からもう一息、急坂を登ったところにある。春には桜、秋には紅葉が楽しめるという。この時期、見事な紅葉の色彩とともに、ゆったりと冬を待つ木立の色模様は、まるでプロジェクションマッピングの世界であった。

ヤクルト日本一

南林間から大山(おおやま)を望む(11.24)

青木が、山田が、村上が、中村が、・・・涙をこらえていた。
見事な全員野球だったね。忘れていた感動を、ありがとう。
本当にヤクルトファンでよかった。

しばらくはビリでもいいよ。昨夜のことは忘れない。

大山詣で

2021.11.17 大山阿夫利神社下社境内にて

大山詣で知られる大山阿夫利(AFURI)神社は、この季節神奈川県では貴重な紅葉の名所でもある。この阿夫利神社、ネット情報などによると、創建は紀元前79年ごろという。社殿はいくつかあるようで、1,251mの大山頂上にある本社、奥社、前社や、696mにある下社などだ。

紅葉を愛でるのは、もっぱら下社の境内と思われる(頂上の本社にはいっていない)。それはそれは見事な色模様、どう表現すればいいか・・・。696mにあるというこの下社、9割方ケーブルカーが利用できる。山登りが苦手なひとでも、ここまではそう臆することはないと思う。


江ノ島アラカルト

2021.11.11  江ノ島弁天橋にて

コロナ禍も、昨今はなんとなく落ち着きを見せている。そんなこともあり、ひと昔前とは様変わりしていると思われる、江ノ島を訪れてみた。快晴ながら強い北西風に煽られ、富士を望む岩場では高々と波しぶきをあげていた。

この江ノ島、古来修業の場として多くの名僧が来島したと聞く。そんな信仰の島には江島神社や岩屋といったシンボルがある。また昨今は、地上高約40mにある展望灯台展望フロアからの眺めや、イルミネーションの島としても人気のようだ。

仲見世通りから頂上の展望灯台までは、上りエスカレータが整備され、高齢者でもきつい階段を登ることはない。ただ岩屋への道や下りの道は、昔のまま。行きはよいよい帰りは恐い。足に自信のない人は、エスカレータ前でそれなりの覚悟が必要だ。

ひたち海浜公園のコキア

2021.10.15 ひたち海浜公園にて

コロナ禍で久しく外出を控えていたが、コキアが見ごろと聞いて、重い腰を上げた。我が家から勝田駅まで私鉄とJRで片道3時間の道のりだ。常磐線はいつのまにか品川始発になっていた。
天気も良く、コキアのPRも行き届いてか平日というのに、園内は結構な人出だ。よく手入れされたコキアは、評判どおり圧巻だったし、また丁度見ごろのコスモスや秋の花々の競演も、植栽の心意気が伝わり、お見事という印象だった。ただ残念なのは、コキアをはじめ花々の説明がまるでなかったこと。見てもらおうという意気込みは十分感じられたのに。

ご参考までにコキアのネット情報を記しておこう。学名 (Kochia scoparia) 和名はホウキギ、原産地はヨーロッパの荒れ地、花ことばは「恵まれた生活」だそうだ。特徴は園芸分類では1年草の草花で、鑑賞期が6月から11月と長く、また暑さに強く寒さには弱いということだった。

さてこの公園、コキアだけでは勿体ない・・のだが広すぎてどうにもならない。砂丘エリアや樹林エリアもあるそうだが・・。米軍基地の跡地利用らしく現在の開園面積は、予定の半分強192ha(東京ドーム41個分)とか。
ついでに茨城県といえば、2021年度都道府県魅力度ランキング(ブランド総合研究所発表)は最下位だったか。前述のような人集めのできる場所は他にもありそうだが。それだけでは、魅力度はあがらないということか。統計物はその根拠を吟味することが肝要だ。